お知らせ

お知らせ

ダニアレルギーによる鼻炎について

室内でくしゃみ・鼻水や咳の症状が起こりやすい方は、ハウスダストやダニがアレルゲンとなっている可能性があります。特に秋には、夏の暑い時期に増加したダニの分泌物や死骸などが室内の布団やカーペット、ソファなどに残り、アレルギー反応を引き起こしやすくなります。当院でも治療のご相談を受け付けておりますが、日常生活からアレルギーの原因となるダ二、ハウスダストを積極的に除去することを心がけましょう。
お知らせ

涼しくなり始める季節です

そろそろ朝晩を中心に涼しくなり始めてくる季節ですし、また日中は残暑が続く季節でもあります。気温が変わりやすいと体調を崩しやすくなります。外出の際は、気温に合わせて調節ができる服装やマスク着用を心がけるとともに、帰宅後も室温管理やうがい、手洗い等をこまめに行い、季節の変わり目である事に注意して過ごしましょう。
お知らせ

夏季休診について

8月8日(日)から11日(水)、および18日(水)から20日(金)、の期間を休診とさせて頂きます。 ご了承のほどよろしくお願い致します。
お知らせ

熱中症に気をつけましょう

熱中症の主な要因は、暑さや熱によって体温調節ができなくなったり、体内の水分バランス、塩分バランスがくずれることです。起こりやすい時期としては、真夏日はもちろん、熱帯夜、湿度が高くなる雨上がりや、気温の急な上昇時も注意が必要です。熱中症の予防のためにもしっかりと水分と塩分を摂取するとともに、初期症状となる、めまいやふらつきがあった際は、すぐに休むように心がけましょう。
お知らせ

夏風邪にご注意を

夏風邪の症状は、喉の痛み、咳、鼻水、頭痛、発熱などの通常の風邪の症状はもちろん、下痢や腹痛などがみられます。またお子さまなどの場合は、プールなどでよく感染してしまうプール熱(咽頭結膜熱)などにも注意が必要です。風邪をこじらせる前に受診することが大切です。
お知らせ

梅雨と耳鼻科疾患

じめじめする梅雨は、アレルギー性鼻炎や気管支喘息の要因となるダニにとって好条件の季節となります。アレルギー性鼻炎や喘息をお持ちの方は注意が必要です。鼻炎などのアレルギーを持っているかどうかお知りになりたいかたは、ご希望によりアレルギーに関する血液検査も随時行っておりますのでご相談ください。またこの時期は、気温の変化が大きいため、体調不良による感冒症状も増加する時期です。ご注意ください。
お知らせ

季節の変わり目はご用心

だんだん暑くなってきて、エアコンの使用による体調不良も流行ってくる季節です。 ただの風邪のみならず咽頭炎や喉頭炎などの感染症も起こしてしまうことがあるため 季節変わり目のエアコン使用時には十分にお気をつけください。
お知らせ

咽頭痛や咳について

これらの症状は、風邪によることもあれば咽頭炎・扁桃炎などの感染症が原因となっていることもあり、 また花粉症やハウスダストなどのアレルギーが原因になっていることもあるため、この季節にはよく起こる症状です。 しかしながらこれらは新型コロナ感染症の可能性を疑うべき症状でもあり注意が必要です。 これらの症状が強かったり長引いたりしている場合には、まずは最初に新型コロナに感染していないかどうかについて、対応医療機関に受診していただく必要があります。 どうぞ皆さん感染には十分お気をつけください。
お知らせ

寝起きの喉の痛みについて

冬はよく朝起きた時に、喉の痛みを感じることがあります。 これは、寝ているときに唾液の分泌量が減ることで口の中が乾燥し喉の粘膜にウイルスやホコリなどがくっつきやすくなることでおこります。 朝に喉が痛い時は、すぐにウィルスやホコリを洗い流すためにうがいをするようにしましょう。 また寝るときは、乾燥を防ぐため に部屋の加湿やマスクを着用するなどを心がけましょう。
タイトルとURLをコピーしました