お知らせ

お知らせ

梅雨と耳鼻科疾患

じめじめする梅雨は、アレルギー性鼻炎や気管支喘息の要因となるダニにとって好条件の季節となります。アレルギー性鼻炎や喘息をお持ちの方は注意が必要です。鼻炎などのアレルギーを持っているかどうかお知りになりたいかたは、ご希望によりアレルギーに関する血液検査も随時行っておりますのでご相談ください。またこの時期は、気温の変化が大きいため、体調不良による感冒症状も増加する時期です。ご注意ください。
お知らせ

季節の変わり目はご用心

だんだん暑くなってきて、エアコンの使用による体調不良も流行ってくる季節です。 ただの風邪のみならず咽頭炎や喉頭炎などの感染症も起こしてしまうことがあるため 季節変わり目のエアコン使用時には十分にお気をつけください。
お知らせ

GW中の休診について

GW中はカレンダーの祝日通りの休診日となります。 4月28日(水)の定期休診日および4月29日(木)の祝日による休診日のあとは、 4月30日(金)と5月1日(土)は通常通りの診療を行います。 そして5月2日(日)から5日(水)までは祝日通りに休診日とした後、 5月6日(木)以降は通常通りの診療となります。 ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。
お知らせ

咽頭痛や咳について

これらの症状は、風邪によることもあれば咽頭炎・扁桃炎などの感染症が原因となっていることもあり、 また花粉症やハウスダストなどのアレルギーが原因になっていることもあるため、この季節にはよく起こる症状です。 しかしながらこれらは新型コロナ感染症の可能性を疑うべき症状でもあり注意が必要です。 これらの症状が強かったり長引いたりしている場合には、まずは最初に新型コロナに感染していないかどうかについて、対応医療機関に受診していただく必要があります。 どうぞ皆さん感染には十分お気をつけください。
お知らせ

寝起きの喉の痛みについて

冬はよく朝起きた時に、喉の痛みを感じることがあります。 これは、寝ているときに唾液の分泌量が減ることで口の中が乾燥し喉の粘膜にウイルスやホコリなどがくっつきやすくなることでおこります。 朝に喉が痛い時は、すぐにウィルスやホコリを洗い流すためにうがいをするようにしましょう。 また寝るときは、乾燥を防ぐため に部屋の加湿やマスクを着用するなどを心がけましょう。
お知らせ

花粉症治療について

花粉症の治療は、早めの治療が大切です。 当院では、抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬を主体とした内服薬、貼付薬と、症状によって点鼻薬や点眼薬を併用した治療をおこなっております。 毎年、花粉症の症状にお悩みの方、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状がございましたら、 お気軽にご相談ください。 花粉症について詳しくはこちら
タイトルとURLをコピーしました