耳・めまいの症状

耳・めまいの症状について

こんな症状の方はご相談ください

痛い、かゆい、聞こえが悪い、耳なり、耳だれ、耳がふたをされた感じ、音がひびく、めまい、他人から聞こえが悪いと言われる、健康診断で聞こえの異常を指摘された など

耳が痛い

耳の穴を押すと痛む場合は、耳の掃除の際に外耳道を傷つけてしまい、それが原因で炎症が起こってしまう外耳道炎などが考えられます。

また、以前中耳炎にかかったことがあり、耳介の後ろにある骨をおすと痛みがある場合は、乳様突起炎を起こしている疑いがあります。

耳の奥が痛む場合は、外耳道や中耳の病気が考えられます。 外耳道の病気では、外耳道炎による場合がほとんどです。 中耳の病気では、お子様に多い急性中耳炎のほか、慢性中耳炎が急に悪化して、耳だれが増えてきた時にも、痛みが起こる場合があります。

耳が痛い

耳の聞こえが悪い

風邪に伴う中耳の内圧の変化が考えられます。 風邪をひいて鼻が詰まると、耳管が塞がれて、中耳に空気が送られなくなります。 そのため、中耳の内圧が低下し、鼓膜が中耳の方に引っ張られて、音がこもって聞こえるようになります。 この場合は、鼻づまりが治れば、耳閉塞感も自然に改善していきます。

そのほか、急性中耳炎の初期や滲出性中耳炎、耳管の病気などでも耳閉塞感が起こり、聞こえにくくなることがあります。 内耳の障害では、メニエール病などが耳閉塞感の原因になります。 メニエール病の場合は、低音域の難聴と耳閉塞感が起こってきます。聴神経腫瘍の初期にも耳閉塞感が現れることがあります。

耳なり

周りが静かなのに「キーン」というような音が聞こえたり、会話をしていても、その音が耳から離れないといった症状を指します。 「耳なり」は、大部分が、特に内耳や聴神経の異常による難聴に伴って聞こえるものが多く、これは内耳(蝸牛(かぎゅう))の聴細胞(有毛細胞)や聴神経の障害によって起こると考えられています。

障害によって聴細胞や聴神経が異常に興奮し、その興奮が耳なりを起こす原因になります。 また、老人性難聴でも、耳鳴りを自覚することがあります。 老人性難聴は、左右対称に傷害されるので、大概は両耳に耳鳴りが起こりますが、片側のみのこともあります。

その他、聴神経腫瘍や脳の病気から、耳鳴りが発生することもあります。 まずは当院にご相談ください。

耳が痛い

めまい

めまいの症状には、自分が回っているように感じたり、周囲がぐるぐる回っているように感じる「回転性のめまい」と、体がふわふわ揺れ動いて地に足がつかないような浮遊間を感じる「非回転性のめまい」の2種類が主なものです。

どちらもめまいは、体の平衡感覚をつかさどる器官に障害が生じることによって起こります。 治療法としては、原因にもよりますが耳が原因のめまいには、生活習慣の改善や、投薬を行なうなどの方法があります。 めまいが頻繁に発生する方は、そのままにしないで当院までご相談下さい。

タイトルとURLをコピーしました